.log(ぽちろぐ)

福岡.平尾に住んでるSE(スーパーエロい)の日記。

かわっこ→Queen→なかむた→poa

 平尾「かわっこ」のカウンターが空いてた。ラッキーと滑り込む。
「瓶ビールをアサヒ、塩タレ5本ずつ、豚足」
の呪文を唱えて、幸せ!。

 上人橋通り「Queen」でデートを作るなど。
「明日は何時に入ればいいとね?」
「8:30?いや、9:00でいいよ」
「よっしゃ、そんだけ時間があれば、なんでも食べれるな。何が良い?和洋どちら?」
「和」
「肉魚どちら?」
「魚」

 俺はチョット考える。和食で魚なら寿司屋になるが、米は食べたくない。となると…平尾の名店「なかむた」がありますよ!

「こんばんわトモロウです。明日の予約をお願いします。18:00から2名大丈夫ですか?」
「大丈夫です。カウンター?」
「カップルシートで!」

 席を押さえたら打ち合わせだ。平尾「なかむた」へ急行。
「明日は22歳の女の子です」
「なにしてるんですかwww」
「酒はそう強くもなく、ちゃんとした和食店にも行ったこと無いはず。好き嫌いはない、と本人は言ってるけど、食べたことがないものも多いハズ」
「わかりました。良い感じに組み立てておきます!」
信頼できる料理人が、身の回りに多い。俺の人生は悪くない。

 平尾「poa」でよーへいさんに、親族問題をこぼすなど。

  • 初盆の際に実家に戻ると、叔母が二名きていた。
  • 叔母達は、母の兄弟の嫁。故人とはつながりがないし、母と血縁でもない。
  • ふたりとも、生活に困窮していそう。

 俺は悪い想像をする。俺のかーちゃんの金を狙ってるのではないか?。というのも最近、母が言いだしたこと。

  • 仏壇を買い替えたい ← 今あるのでいいだろ。買わなくて良い。
  • ではせめて、仏壇を塗り替えたい ← 塗り替えたとして、それをきれいに保つことが母には不可能でしょ?無駄金になるでしょ?
  • セコムを付けたい。夜にたぬきが家の周りをうろちょろするから ← 実害はないでしょ?幽霊の正体見たり枯れ尾花だぞ?

 それらの業者は叔母と繋がってて、キックバックが有るのかもしれないと考えちゃう。そういうのが無いならば、独居老人の母の面倒を見てくれているありがたい存在。俺の心が曲がっている。