.log(ぽちろぐ)

福岡.平尾に住んでるSE(スーパーエロい)の日記。

かわっこ→poa

 薬院の現場を1930に引けて、綱場町の会社の新事務所に20時到着。21時までミーティングして、自宅に着くのは22時。お散歩して、やっと晩飯は23時、宿題になってた平尾「かわっこ」へ。俺の現時点ベスト焼鳥屋、春吉の「宝家」で修行した人らしい。
 店内は「喜楽」の頃からの居抜き。でも確か、10年前の「泥ん軒」の頃から、こんな配置だったような気がしないでもない。まあいい。
 メニューは「とりかわ大臣」「宝家」とほぼ同じで、巻物が追加されてる嬉しい。トマト巻きと玉子巻きも食べる。皮塩は、先輩店と比べてヨクヤキで嬉しい。通うことに決めた。でも「宝家」に焼酎がまだあるしな・・・。

 平尾poaへ。焼き鳥の話とか。
  • 平尾駅至近のあの安い店は、不潔で不味くて完全に無理。でも10年以上続いてる。
  • 高宮通りのあの店は、全てが不味い。でもここも10年以上続いてる。
  • 「焼鳥高宮」通称ヤキタカがアベレージ。変な店に行くと
    「ヤキタカに行けば良かった・・・・」
    となる。
  • 「かわっこ」の場所は入れ替わり激しい。「喜楽」は長かった方。焼き鳥激戦区の高宮通りだけど「かわっこ」は長く続いて欲しい。
 鹿児島帰りのアイちゃん。現地で買った焼酎が安いと土産。西酒造のナントカ宝山。
「いっこーさんがこないだべろんべろんで帰ってきて、ogasawaraでのおしゃべりがよっぽど楽しかったみたい」
俺も、いっこーさんとお喋りするの楽しい。興味のアンテナが近いんだと思う。

 気づくと2700過ぎてる。始まりが遅かったからなあ。アイちゃんを送って帰ってると、薬院の某店のスタッフの女の子がひとりで歩いてる。長住だったかまで歩いて帰るという。ってばか!タクシーに乗れ!深夜の福岡を一人歩きは危ないぜ。